ようこそ、応用生命コース C1研究室のホームページへ!

 私達は生体膜に含まれる多彩な脂質が形成する二重膜の物性を生物の環境適応性の観点に基づき、特に圧力を実験変数に採り入れて調査しています。私達の研究内容に興味や関心のある方、一緒に研究を行いたい方、現在の研究室の様子や近況を知りたい卒業生・修了生の皆さんなど、お気軽にお立ち寄りください。
 
お知らせ
  
2021年07月27日非天然のモジュール構造変更アナログ脂質に関する博士論文研究が 徳島新聞生命科学分野研究支援金 に採択されました。 (アルバムに掲載New!
2021年07月19日エーテル結合型PCが形成するサブゲル相に関する論文が Chemistry and Physics of Lipids 誌に受理されました。
2021年06月30日活動風景(遠隔方式ゼミナール)を掲載しました。(アルバムに掲載
2021年06月04日日本膜学会第43年会(オンライン開催)を主催しました。年会は、無事盛会裡に終了しました。ご参加いただいた多数の皆様にお礼申し上げます。(研究室行事に掲載
2021年06月04日高圧力下における巨大ベシクルの膜融合に関する論文が Biophysical Chemistry 誌に受理されました。
2021年05月22日日本生物物理学会 第12回中国四国支部大会(オンライン開催:山口大学主催)に参加しました。(集合写真をアルバムに掲載
2021年04月08日新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大のため、当面の間は遠隔方式を中心とした研究室活動を行います。
2021年04月02日麻酔メカニズムに関する解説が麻酔総合誌 “LiSA” の快人快説欄に掲載されました。
 


Copyright (C) C1 research group web administrator. All rights reserved.